口は災いのもと(中村考)
 
 中村(考)です。もうすぐお盆ですね。私は、実家に帰りますが、皆さんはどう過ごされますか?帰省先、旅行先で冷たいビールを飲む機会もあると思いますが、飲み過ぎて、ついうっかり口を滑らせる様な事が無いよう気を付けて下さい。うっかり言った一言が名誉毀損や侮辱になるかもしれません。
 
 ところで、この名誉毀損と侮辱の違い、皆さんはご存知ですか?意外と知らない人が多いのではないでしょうか?刑法では、名誉毀損は、「公然と事実を摘示し人の名誉を毀損したものは、その事実の有無にかかわらず…罰する。」と規定されています。これは例えば、「Aさんは、万引き(=事実)をしている」と不特定多数の人に知られるようにする事が挙げられます。これは、実際にAさんが、万引きをしていなくても罰せられます。一方、侮辱は、「事実を摘示しなくても、公然と人を侮辱したものは、拘留又は科料に処する。」と規定されています。例えば「Aさんは、アホだ。」と言う事がこれに当たります。
 
 つまり、名誉毀損と侮辱の違いを簡単に分けるなら、名誉毀損は、(真実でないにしても)事実を暴露する事。侮辱は、いわゆる悪口を言う事。になるでしょうか。どちらにしても、口は、災のもと。余計なことは言わない方が、よさそうですね。
  2012/08/05