囲い屋とは?(中村多)
 
 寒さが一段と厳しくなりましたね、慌ただしい年の瀬ですが、いかがお過ごしでしょうか?

 さて、「囲い屋」という言葉をご存じでしょうか?
 ホームレスなど、生活困窮者に住居や食事を提供する代わりに生活保護を申請させ、支給された生活保護費を収奪する悪徳業者です。貧困ビジネスの一つです。
 あてがわれる住居は、ベニヤ板で仕切っただけのプライバシーのない「部屋」や飲食店のゴミ置き場で、とても人が住めるような所ではありません。また、提供される食事は質も量も乏しく、非常に劣悪な環境での生活を強いられます。
 このような問題が起こる背景は、行政のセーフティネットの脆弱さにあります。ホームレスの受け入れ態勢が整わず、民間が運営する宿泊所を受け皿としなければならない現状があります。問題となっている業者は、公的な施設がない都道府県を狙い定めて施設を置いています。
 被害者の中には、認知症患者や知的障がい者がいます。人の言うことを無批判に受け入れてしまう特性を利用し、人として最低限の生きる権利を奪う行為は人倫に悖る唾棄すべき非道としか言いようがありません。
 一方で、判断能力が弱い人たちが社会の中で孤立していることが、このような問題を蔓延させている原因の一つです。
 全ての人間が安全に生きていける世の中になってほしいと強く願います。
  2012/12/05