久々の更新
 
久々の更新
司法書士下室です。

また、1年も更新せずに放置してしまいました・・・

昨年は、英国のEU離脱や米国でのトランプ大統領の当選など、これまでの世界の流れを変えるかもしれないと感じさせる出来事が目白押しでした。

今年はどうなるのでしょうか? 欧州では英国に続く国が現れるのでしょうか? 米国では本当にトランプ大統領が公約どおり保護主義的な政策を継続することができるのでしょうか? 世界情勢が不透明になっているのは否めないですが、私としてはこの反グローバリズムの流れは、決して各国の一般的な普通の国民にはメリットがあると考えています。

日本においても、この様な世界の反グローバリズムの流れに乗ってくれればいいのですが、残念ながらそうは行かないでしょうね。トランプ大統領のおかげで、TPPは消滅したので一安心ですが、この他にも安倍政権の政策として、外国人労働者の受け入れ消費税増税緊縮財政など、デフレを促進させる様な政策が目白押しです。今年こそは、多くの普通の日本国民が潤う様な、まともな政策を期待したいものです。 
  2017/02/06