人生税金ばっかり!
 
人生税金ばっかり!
司法書士の下室です。

先週からいよいよ本格的に梅雨入りした感じですね。
少しデブである私にとっては最悪な季節です。笑
早く梅雨明けしてほしいものです。

本日は、何かと相談の多い税金について。
生きて行く上でいかに様々な税金を納税しなければならないのか簡単に考えてみましょう(減税の特別法は考慮していません)。

ある人(Aさん)が社会人になりました。

■Aさんが会社に勤め始め初めてのお給料
 ※まずここで給与から所得税住民税が天引きされています。

■Aさんはその後3年間コツコツと貯金をして、ある程度お金が貯まったので車を買うことにしました!
 ※車を購入すると、自動車取得税(買った時一度だけ)と自動車税(毎年)と重量税(新車と車検時)を支払います。

■その後もAさんは仕事し続け、いよいよ結婚したので、家を買うことにしました。当然、住宅ローンを組むことにしました。
 ※不動産を購入すると、不動産取得税(買った時一度だけ)と固定資産税(毎年)と登録免許税(名義変更などする際に必要)と印紙税(契約書に貼る印紙代です)を支払います。

■その後Aさんは、会社を辞めて起業することにしました。勇気は入りましたが、勝負したくなっ他のです。しかし、車や家を買ったので貯蓄が余りまく、親から1000万円贈与してもらって会社を作ることにしました。
 ※贈与してもらうと贈与税を支払います。
 ※会社を設立する際には登録免許税を支払います。

■起業したAさんでしたが、なかなか商売はうまくいかず、お金が必要になったので、不動産を売却することにしました。ローンは残っていたのですが、2000万円で買った不動産が3000万円で売れたので、現金が手に入ったのでこれを運転資金にしました。
 ※不動産を売却して利益が出れば不動産譲渡所得税を支払います。

■その後、両親が他界しました。Aさんの両親はお金持ちだったので、不動産と多額の預貯金を相続することになりました。
 ※相続の際には相続税を支払います。

どうでしょうか?
人生本当に税金ばっかりですね。
納税は国民の義務なので仕方ないですが、少し種類が多いように感じませんか?





 
 
  2017/06/26