株価急落で大騒ぎ
 
下室です。

ここ数日、アメリカと日本の株価が急落しているようです。
Yahoo!ニュースなど見ていると「閣僚が警戒感」なんて記事が出ていますが、そんなに大事でしょうか? 普通の一般人は株の乱高下で生活は変わりません。不動産の価格も同じです。株や不動産を投資の対象にしている人に影響が出るだけです。何も政府が騒ぐことではないと思います。

しかし、安倍政権はいつも株価の高騰をアベノミクスの成果の一つと言っているので、株が下がるといつも大騒ぎするのです。

安倍政権になって、雰囲気として景気は良くなったような気はしますが、実際のところはどうでしょうか? 私の周りでは、「投資」で成功しているごく一部の人や会社を除いて、皆さん苦労されています。全然まだまだ「デフレ」真っ只中です。さらにここへ来て人手不足と人件費の高騰に苦しめられています。

もうアベノミクス「第一の矢」の金融緩和はいいので、実体経済が良くなるように「第二の矢」大規模な財政出動をお願いしたいものです。もう家計と国とを比べのはやめましょう。国民全員ができるだけ幸福になれるような政策を期待したです。

  2018/02/06